セプテムプロダクツの化粧品は売れる?使い心地を検証してみた

こんにちは!
今回はセプテムプロダクツの化粧品の使い心地や効能について検証してみたいと思います。

多くの女性は化粧品やスキンケア用品を購入しようと思ったとき、自身の肌質に合うのか、
またちゃんと効能を発揮してくれるのかどうか気になるという方も多いでしょう。

肌質に合わないのに買ってしまい無駄になることもあるので気を付けなくてはなりません。

セプテムプロダクツでは様々な化粧品・スキンケア用品を取り扱っていますが、
使い心地や効能はどうなっているのでしょう?

今回はセプテムプロダクツの製品が気になっているという方のために、
気になる使い心地・効能について検証してみました。

ぜひ、セプテムプロダクツの化粧品が気になっている方は参考にしてみてください。

1.セプテムプロダクツの概要

まずはセプテムプロダクツがどういった企業なのか見てみましょう。

株式会社セプテムプロダクツは、名古屋に本社を構える、平成7年7月に設立された企業です。
従業員数は株式会社セプテムプロダクツで約100名、グループ全体で160名となっています。

事業内容としては設立当初から化粧品や医薬部外品、美容関連機器、栄養補助食品に至るまで、
様々な美容・健康関連商品の研究・開発・製造・販売を実施しています。

株式会社セプテムプロダクツの代表取締役社長を務める山下洋右氏は、
ユーザーが本当に化粧品の求めていることを追及しながら、
今まで化粧品業界で慣例となっていたものに囚われないビジネスモデルを新たに生み出しました。

このビジネスモデルは、実際にセプテムプロダクツの製品を使ってもらい、
意見を取り入れながら開発研究を進めていくというシステムであるため、
常にユーザーに寄り添った製品づくりを行っていると言えるでしょう。

2.製品の特長・バリエーション

セプテムプロダクツでは様々な製品ブランドが存在しています。
ブランドごとに設定されているコンセプトや特長などは異なっているため、
どのような製品ブランドがあるのかご紹介していきましょう。

■エルテオ

エルテオは、「ホメオスタシス」に注目した製品ブランドです。
年齢や肌質、季節などの影響を受けずに自身の現在の肌状態に合わせられるよう
開発されたスキンケアシリーズとなります。

エルテオは既に20年以上も続いているブランド。
長きに渡り多くのユーザーから好評を得ています。

そもそもホメオスタシスとは、恒常性維持機能という肌が持つ機能です。
環境が変わったとしても体の状態を保とうとする働きを指します。

例えば、人はケガをしてしまった時に意識して傷口を塞ごうとしても塞ぐことはできませんが、
いつの間にかかさぶたとなって、気付けば治っているということもあるでしょう。

これは全て無意識下で行われており、細胞が持つホメオスタシスの機能により、

傷口が塞がるようになっているのです。
このように、ホメオスタシスは様々な要因があっても関係なく状態を保つことができます。

これをスキンケアに応用しているのがエルテオシリーズです。
エビデンスに基づいた和漢植物エキス24種類を独自技術によって配合し、
肌のホメオスタシスを高めるサポートを行います。

肌のホメオスタシスを高めていくことで、常に美しい状態をキープすることも期待できるでしょう。
シリーズにはオイルクレンザーやソープ、スキンローション、
ミルクローション、クリーム、エッセンスがあります。

■エルヴィナス

エルヴィナスシリーズは、セプテムプロダクツが開発した「液晶ラメラ処方」で
みずみずしい肌を作り出すブランドとなります。

液晶ラメラ処方は、角質層にある細胞間脂質と似たような構造となっており、
油分と水分を層状に並べた形になっています。

層状にすることで肌が持つ水分を蒸発させず、
外側からの刺激に負けないバリア機能を持たせることができるのです。

肌の水分を持続させることで、
まるで子どものように若々しい肌へと生まれ変わることもできます。

ちなみにエルヴィナスでは液晶ラメラ処方の他に、
潤いを長時間キープさせるためのカプセルを用いています。

エルヴィナスには2つのアイテム、
「クリスタリューション」と「フェアリューション」があります。

クリスタリューションにはレチノール(ビタミンA)カプセルを、
フェアリューションにはVC-IP(油溶性ビタミンC誘導体)カプセルを配合しています。

さらにどちらのアイテムにも細胞間脂質の主要成分となる
セラミド液晶カプセルも配合されているため、
長時間の保湿効果も期待できるでしょう。

■リアンディーナ

リアンディーナは「線維芽細胞」に着目したブランドになります。

線維芽細胞とは、肌のハリや保湿にとって重要な役割を示す細胞で、
主にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分を作り出します。

線維芽細胞がうまく機能していないと上記の成分が作り出されなくなってしまい、
肌のコンディションも悪化してしまうでしょう。

そこでリアンディーナは線維芽細胞にアプローチをかける成分を配合することによって、
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をスキンケアで取り入れるのではなく、
生み出す質と量を変化させることを目指した製品となっています。

カツオから抽出された「マリンフィブロジェン」と呼ばれる美容成分や
AC-11と呼ばれる熱帯雨林植物のキャッツクローから抽出された成分が配合されていることで、
細胞の損傷に対する修復力を高めたり、線維芽細胞の増量・活性化を引き起こすようにしています。

これによって、本来自身が持っている線維芽細胞からコラーゲンやエラスチン、
ヒアルロン酸などを生成する量を増やすため、
肌の内側からハリや潤いを取り戻すことができると言えるでしょう。

■ミラス

ミラスは、セプテムプロダクツの化粧品ブランドであり、
光をうまく取り入れた美肌パウダーが配合された化粧品シリーズです。

肌の質感や色調などを意識しつつ、素肌感のある仕上がりを目指しています。

例えばUVパウダーでしっかりと白浮きせずに紫外線を予防しつつ、
フォギーパウダーやソフトフォーカスパウダーによって光の見え方を調整し、
シミやシワ、毛穴などを目立たないようにします。

さらにエアースルーパウダーが汗・皮脂などを吸収して化粧持ちを抑止、
フッ素処理カラーピグメントで長時間化粧を付けたての肌にすることが期待できます。

様々な機能を持ったパウダーを独自配合させることで、
美肌を作り出す化粧品にすることができるのです。

セプテムプロダクツではこの他にも、「ビーソディン」と呼ばれるインナーサプリメントや
「ディストリス」というヘア・ボディケアシリーズ、「アチア」という機能性薬用ソープ、
メソケアとして活用される「アプローチX」や「アップビー」などもあります。

これらの製品は全てユーザーの声によって生まれていたり、改善されてきた製品ばかりです。

 

3.ニーズはどのくらいあるのか

セプテムプロダクツではスキンケア製品をはじめ、化粧下地やファンデーションといった化粧品、
ヘア・ボディケア製品、美容系サプリメントを主力としています。

これらのメーカーは数多くありますが、セプテムプロダクツの需要はどのくらいあるのでしょうか?

■ターゲット層について

まず、セプテムプロダクツがターゲット層にしているのは30代から40代の女性と言えます。

30代から40代は年齢肌が気になる年代であり、
スキンケア製品や化粧品にこだわる女性は多いと考えられます。

セプテムプロダクツが販売する製品は1万円前後する製品が多く、
決して安い代物ではありません。

なので、美容に敏感な10代から20代では手は出しにくく、
それなりに収入を持つ30代から40代なら比較的購入は難しくないでしょう。

高いと噂されるセプテムプロダクツのスキンケア化粧品ですが、
この価格は製品の品質は比例します。

高くても高品質な化粧品を使いたいという人々に
セプテムプロダクツの製品はニーズがあると考えられます。

■コンセプトとなっている「ホメオスタシス」

セプテムプロダクツが製品全体のコンセプトとして掲げているのは、「ホメオスタシス」です。

肌のターンオーバーもホメオスタシスによる働きで作用しており、
新しい肌細胞ができると同時に、古い角質は剥がれて美しい肌を維持することができます。

また、空気が乾燥すると肌は潤いを保つために油分を分泌しますが、
これもホメオスタシスで肌の潤いがキープされているのです。

このように、肌もホメオスタシスの働きで美しく健康でいられますが、
働きを補助するためにスキンケアは欠かせません。

セプテムプロダクツはホメオスタシスの働きを最大限発揮できるように、
サポートに特化した化粧品をつくり提供していることが他にはない強みと言えます。

ターンオーバーはだいたい28日周期が一般的です。

周期が大きく乱れている場合はホメオスタシスが正常に機能しておらず、
ニキビやシミ、乾燥などの肌トラブルが続くでしょう。

しかし、ホメオスタシスをサポートする化粧品を使えばターンオーバーも正常化し、
年齢肌が気にならない肌に改善することが可能です。

肌はホコリや排気ガス、花粉、紫外線など外的な刺激の脅威にさらされており、
気付かないうちに肌にダメージを与えている可能性があります。

そのような肌に向けた化粧品を使うことで肌を守りつつ、
ホメオスタシスの働きを正常にし、刺激に強い肌に整えることが可能です。

また、女性ホルモンの乱れはコラーゲンやエラスチンの維持を阻害し、
20代以降から女性ホルモンは減少傾向にあります。

さらに、体内に増える活性酸素も肌細胞を傷つけ、乾燥やシワ、シミを増やす原因であり、
ホメオスタシスの働きを弱める危険性があるのです。

セプテムプロダクツはホルモンバランスを整えたり、
活性酸素を除去したりする化粧品を提供しているので、
ホメオスタシスを正常に維持し続けることができます。

■使い続けたい製品づくりにニーズがある

従来のスキンケア化粧品は肌に良い成分を使うことで、
潤いや美白、シミシワなどが改善されていくものがほとんどです。

しかし、セプテムプロダクツの製品は肌に良い成分で肌トラブルを抑えつつも、
ホメオスタシス本来の力を最大限活かすことにポイントをおいています。

なので、人間が備えている本来の力を引き出すことで実現する美容なので、
肌トラブルも根本から改善できる製品であるため、
健康的な美にこだわる女性にニーズがあると考えられます。

セプテムプロダクツの製品は様々な技術を活用し、
使い心地が良く効果的な製品を提供しています。

例えば、角質に保湿成分を素早く浸透させるために細かい粒子にしたり、
約60日間枠練りにより乾燥熟成させることで保湿成分をたっぷり配合させたりと、
かなり強いこだわりを持って製品づくりをしています。

配合させる成分も自然由来の保湿成分が中心で、
各製品のコンセプトにあった成分を厳選して点も、
美容にこだわる人にとっては魅力的な要素でしょう。

セプテムプロダクツは肌本来の機能を引き出すために、原料や成分、加工方法などにこだわり、
生活する上で継続して使い続けたいと思う製品で展開しています。

なので、健康や美容の意識が強い人にセプテムプロダクツの製品はニーズがあるようです。

実際、セプテムプロダクツのスキンケア製品を使っている人は、
長期間継続的に使っている人が多いとみられます。

4.使い心地に関する口コミ

セプテムプロダクツは製品ごとにそれぞれこだわりを持って
高品質な製品を製造しているので、使い心地も良好と考えられます。

実際に商品を使っている方は製品の使い心地をどう評価しているのか、
口コミをいくつかピックアップしてご紹介しましょう。

■エルテオシリーズの口コミ

発売から20年経過するエルテオシリーズはセプテムの主力商品であり、
現在も進化を続ける人気スキンケア製品になります。

24種類の和漢植物エキスを贅沢に使用しており、肌を優しく守りながら、
肌が本来持つ美肌力を引き出し、健やかな肌に整えることが可能です。

6種類の製品から3つの商品の口コミが見つかったので、ご紹介しましょう。

■スキンローションの口コミ

“さっぱりとした使い心地で、コットンを使うことによって肌に浸透している感覚がありました。”

“着け心地はさっぱり、スーっと肌に浸透するのが分かります。
サッパリな付け心地なのに、すぐに肌がしっとりします。”

スキンローションに関する口コミは浸透性に対する評価が高いようです。

まるで乳液のように白濁した液体が特徴的なスキンローションですが、
マイクロエマルションという技術により、
油分と和漢植物エキスなどを溶解しにくくするために
粒子が細かくなり乳化することで白濁とした色になります。

また有効成分を安定して配合することはできます。
粒子が細かくなったことで肌の浸透性が良く、
また和漢植物エキスの清涼感がさっぱりした使い心地に仕上げているのでしょう。

浸透性が良いので保湿成分もよく浸透し、つっぱりしない化粧品と言えます。

■ミルクローションの口コミ

“全然ベタベタしていなくてとても肌馴染みがいいです★
和漢でできているからお肌にも優しくて本当にオススメ!”

こちらもエマルションにより有効成分の粒子が安定していることから、
べたつかなくてもしっかり浸透し、角層のキメや潤いを整えることができる乳液と言えます。

肌の保護機能を向上してくれるアルテアエキスやスクワランを含むので、
紫外線に当たりやすい人や重度の乾燥肌の人にぴったりな商品でしょう。

■エッセンスの口コミ

“とろっとしたテクスチャーで、敏感肌の私でもしみる事なく、しっかり保湿してくれました。
少量でもよく伸びるので、1本で結構持ちそうです。”

エルテオシリーズに共通しますが、
肌あれ防止に効果的と医薬部外品にも用いられることが多いグリチルリチン酸2Kが含まれています。

医薬部外品にも使える成分が含まれていると刺激が強いイメージがありますが、
グリチルリチン酸2Kは水に溶けやすいため、
敏感肌や乾燥肌用にも使われており、刺激はほとんどないと言えます。

和漢植物エキスも刺激性のものを避けているので、
エッセンスも敏感肌でもしみる心配がないのでしょう。
伸びが良いようなので、コスパは意外にお得感があるかもしれません。

■ディストリス シャンプー・コンディショナーの口コミ

“香料も強くないので、洗い上がりもさっぱりしていて、私は気に入っています。”

“少量でも髪がやわらかくサラサラになりました。”

“髪や地肌への刺激が強くないので、地肌がかゆくなりませんでした。”

“匂いもよく、泡立ちもよい!!一週間使ったくらいから少しずつかわってきました。”
ディストリスはスキンケア製品で培われた知識や技術力を活かして開発されている、
ヘア・ボディケア製品のシリーズです。

今、ヘアケアとして人気のアミノ酸系成分に加えて、
こちらでも厳選された植物エキスを使用しており、
使い続けることで美しい髪に仕上げることができます。

シャンプーやコンディショナーでは香りを重視する方も多いようですが、
ディストリスはカモミールの香りとなっています。

ハーブティーでもお馴染の香りはリラックス効果があり、
強すぎない香りが良いと評価する人は多いようです。

アミノ酸系シャンプーは泡立ちが少ないとされていますがディストリスは泡立ちが良い方なので、
しっかり洗えた感じを実感できるでしょう。

洗浄力にこだわりつつもアミノ酸系なのでマイルドで、
植物エキスにより髪や頭皮の潤いも保たれているので、
頭皮トラブルも少ないと考えられます。

■ミラス プレストパウダーの口コミ

“ツヤ感があり、馴染むと肌が綺麗に見えて良い感じです。”

“微妙にラメが入っているので、とてもキレイに仕上がります^^
軽い化粧をしたい時は、下地と、このパウダーだけでもOKだと思います”

“マットな仕上がりなのに微妙に艶があり、肌がキレイに見えます。
肌に良くなじむので、白うきしません。パウダーにしてはなかなかのカバー力です。”

ミラスは肌の悩みをカバーしつつ、ナチュラルな肌に仕上げられる化粧品シリーズです。
プレストパウダーはリキッドファンデーションと合わせて使うパウダーで、
口コミが見つかったのでご紹介します。

マットでありながらツヤ感があるのは、
セプテムが独自で開発した「NIR-Cベールパウダー」を配合しているからでしょう。

ラメが加わることで光の反射によりツヤツヤ肌を演出するのだと考えられます。

アミノ酸系の成分により乾燥しにくく、その上汗や皮脂に強いので、
つっぱった感覚や化粧崩れの心配も少ないでしょう。

 

5.評価をまとめると

セプテムプロダクツの使い心地などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

口コミなどを見ても、ユーザーに寄り添った製品づくりが行われているためか
使い心地が良いというものも多く見られました。

基本的にセプテムプロダクツの製品は、肌本来の機能性を高めるものだったり、
人体の構造に基づいて作られた製品が多いため、
多くの人の肌質に合いやすいという特徴があるように感じられます。

また、品質も高いことから安心して使用することができるというのも
セプテムプロダクツの魅力になっている部分と言えるでしょう。

そのため、セプテムプロダクツは多くの人が利用できる製品として販売されているため、
ビジネス面でも問題ないと言えるのではないでしょうか?

化粧品関係となると「肌に合わないかもしれない」
ということで断られてしまうこともあるかもしれませんが、
多くの人が安全に利用できるような製品づくりが行われているので、
安心して他の人にも紹介することが可能です。

自分で利用して良かったからこそ他の人にもおすすめできるセプテムプロダクツは、
SNSの活用によって多くの人に知られるメーカーとなるかも、と期待できます。