上手に転売する方法!化粧品の仕入れ先やリサーチ方法を調べてみた

Contents

なんでコスメの転売がおすすめなのか

化粧品はドラッグストアや百貨店などでどこでも購入できますが、
なぜ化粧品転売がおすすめできるのか気になる方も少なくないでしょう。

近年は何でもインターネットで購入する人が多く、
通販であれば近所のお店では取り扱っていない化粧品も簡単に購入できます。

2017年11月から申請が不要になったため、
化粧品転売のハードルが下がったと言えます。

また、この他にもネットオークションやフリマアプリなどの利用者が増えており、
また限定品や試供品を購入できるという点から化粧品転売のニーズが高まっているのです。

ただ、Amazonで「ドラッグストア・ビューティーカテゴリー」で
化粧品転売する場合、出品には申請が必要でした。

■化粧品転売のメリットとは

化粧品転売を行うメリットは4つ挙げられます。

・需要が減りにくい

化粧品は女性のほとんどが毎日使用しており、
何歳になっても使い続ける生活必需品の1つです。

なので、需要が絶えにくいという点が大きなメリットで、
稼ぎやすいと言えるでしょう。

・リピートされやすい

気に入った化粧品は継続してリピート購入される可能性があります。
転売で購入したものよりも良い化粧品が見つからない限り、
ファンがつけば売れていくと考えられます。

人気商品でなくても一定のファンがおり、
ライバルが少なければ儲かりやすくなるのです。

・まとめ買いされやすい

人によってはなくなる都度買うよりも、
気に入った商品を大量購入するケースがあります。

化粧品は生活必需品と考える人は多く、
特に人気商品や限定品だと売り切れないうちに
まとめ買いされる傾向があるのです。

・ライバルが少ない

化粧品転売は実践している人が少ない傾向にあるので、
現在時点はライバル数が少ないと言えます。

特に男性の転売ヤーは未知のジャンルなので取り扱いが少なく、
女性ならではの知識やトレンド力が活かされるジャンルでしょう。

男性の場合は人気傾向や流行など最低限の知識を身に付けて
化粧品転売を行わなければなりません。

■化粧品転売をするなら第三類医薬品

化粧品を含む一般医薬品はネットで販売することができます。

この一般医薬品は第一類から第三類がありますが、
化粧品転売をするなら第三類医薬品にしましょう。

第一類医薬品は副作用や相互作用などで安全上、
特に注意が必要なので転売は薬剤師のみに限定されています。

第二類医薬品も安全上で注意が必要であり、
専門家から情報提供を受けることを定めているのです。

一方、第三類医薬品は副作用や相互作用などの項目で
第一類医薬品や第二類医薬品に該当しない一般医薬品と指定されており、
法律上の規定がないので化粧品転売がしやすいと言えます。

■化粧品転売しやすい品とは

化粧品転売といっても、
ただ売っている化粧品を仕入れて売るだけでは必ず売れ切れるとは言えません。

具体的に化粧品転売しやすい品が何なのか、特徴をご紹介しましょう。

・日本製の化粧品

化粧品と聞くと韓国コスメが人気ですが、
パリコレの取材をするエディター曰く、
未開拓の美容大国はドラッグストアを発展させた日本と応える人が多いようです。

日本は様々なものが高品質で便利だと海外から支持されており、
外国人観光客の中には爆買いをし、自分や家族が使うだけではなく、
近所や知り合いへのプレゼントに購入することもあります。

化粧品は肌に使うものなので安全性が最も重要です。
その点、日本製はこだわりが強いので、国内外問わず化粧品も人気なのです。

実際、GfKジャパンが2万5000人に行った「グローバル買い物行動調査」では、
美容・パーソナル製品の購入経験が51%で、カテゴリ別だと5位となっており、
日本の化粧品は需要があると言えます。

・新商品や限定品が狙い

人気メーカーやブランドの化粧品を取り扱うことは前提ですが、
中でも新商品は入手困難になりやすいので、早めに仕入れて転売すると売れやすいです。

また、化粧品メーカーやブランドでは
芸能人や漫画・アニメなどとコラボすることが多く、
そのような化粧品は普段はその化粧品を使わない人に手を取ってもらいやすいでしょう。

コラボ商品は予約限定にしていることも多く、
中には購入できない人も多いので、化粧品転売で需要が高いと言えます。

プレミアム価格になりやすいので狙ってみると良いでしょう。

・一般のドラッグストアや通販サイトでは買えない化粧品

化粧品メーカーやブランドによっては
一般的なドラッグストアや通販サイトでは
取り扱っていない化粧品も少なくありません。

そのような化粧品だと使ってみたいけど
実態が分からないと手を出しにくい人も少なくないので、
仕入れて転売できると試してみたい人を中心に購入でき、
中にはリピート購入してくれる人も出てくるでしょう。

商品を仕入れるにはどうするか

化粧品転売を行うためにはまず商品を仕入れなければなりません。
仕入れる方法は色々なものがあるので、参考にご紹介しましょう。

■お店で仕入れる

ドラッグストアやショッピングモール、ドン・キホーテなど、
化粧品が置いてあるお店ならどこでも手軽に仕入れることができます。

大量に購入するとなると定価だと負担が大きいので、
値引きされるタイミングをリサーチして安く仕入れましょう。

初めて仕入れる人は見切れ品コーナーから手を付けてみると良さそうです。

また、定価で商品棚に置かれていても、
ネット上では廃盤品となっていて品薄なものは
売れることが多いのでリサーチしておきましょう。

ただ、モデルチェンジの場合は一般的な通販でも
安くなっている可能性があるので、ブランド品や高級化粧品を除いて
あまり需要はないかもしれません。

■卸売りサイトの利用

個人では利用できませんが、
個人事業主として開業届を提出している場合は卸売りサイトを利用できます。

メーカーから仕入れ卸できるサイトもあるので在庫が枯渇する心配がなく、
また卸売り価格で仕入れられる点もメリットでしょう。

大手卸売りサイトにはキレイコスメなどがあります。

■試供品やサンプル品を入手

本商品を購入する前に
試供品やサンプル品を試しに使ってみたいという人は多いのですが、
ドラッグストアやショッピングモールによっては提供されない化粧品も少なくありません。

なので、化粧品コーナーで入手した試供品やサンプル品を売ってみると良いでしょう。

また、ネット上ではお試し商品を安く購入できる「サンプルファン」などがあるので、
そのようなお試し商品を購入して販売する方法もあります。

初回購入のみなので何度も購入はできませんが、
初心者の仕入れには最適でしょう。

ただし、試供品やサンプルなどは
一部の場所では出品できないので注意しましょう。

■オークションやフリマサイト・アプリの利用

オークションやフリマサイト・アプリでは
化粧品が低価格でたくさん売られているので、
そこから仕入れてみるのも良いでしょう。

基本的に1点購入なのでまとめ買いは難しいかもしれませんが、
安く仕入れたい時に便利です。

1回は使用済みという状態で出品されている場合が多いので、
転売品として取り扱う時は注意が必要でしょう。

転売する場所によっては使用済み、
開封済みは出品できないので、新品で探すようにしてください。

また、未使用でも製造からの年数や保存状態によって
品質が変化している可能性があるので、仕入れる際は注意しましょう。

■ネットワークビジネスへの参加

化粧品メーカーの中には
ネットワークビジネス(MLM)をビジネスモデルにしているところもあります。

ネットワークビジネスは消費者のつながりにより
商品購入を連鎖的に促すビジネスのことで、
あくまでも商品を買ってもらうことが目的なので合法性があります。

MLM製品は高品質なものが多いのですが、
会員にならないと購入できないケースが多いので、
使ってみたいと気になっている人にとって転売は需要があるのです。

会員なら会員特典により安く商品が仕入れられ、
他にも周りで会員になっていて在庫処分に困っていたら価格交渉をして購入し、
仕入れたMLM製品を転売すれば利益にできます。

化粧品の転売をするときに気をつけること

実際に化粧品を転売する際に、注意すべきことはあるのでしょうか?

■避けた方が良いこと

化粧品の中には、少量使ったけど肌に合わない・好みではない
などの理由で使いかけのものを転売しようと考える方もいるのではないでしょうか?

しかし、中古品の転売には古物商許可証が必要なことがあります。

古物商許可は中古品に限らず、
未使用であっても1度人の手に渡ったものを転売すると違法になる可能性もあります。

転売をする場所によっても規制やルールなどに違いはありますが、
運営側の独断で出品を停止することも少なくありません。

例えば、商品説明が不十分と判断されたり、海外での規定に反したりしている場合は、
注意を促されたり、強制的に出品停止されるケースもあるでしょう。

また、転売した化粧品を海外に発送する場合も注意が必要です。

化粧水や美容液など、化粧品の中でも「液体」を転売する場合、
1度に発送する量が多いと税関で止められてしまう可能性があります。

特に、大口のロット数で発送していることが発覚すると、
輸出が規制されてしまうことが多いです。

明確な規定が設けられていないため、
できるだけ分けて発送するようにしましょう。

■転売者が多いこともある

化粧品の転売は、上記でも触れた通り、
安価で初心者にも扱いやすいというメリットがあります。

しかしその一方で、
参入者も非常に多く安く仕入れることができなければ売れない可能性もあります。
そのため、セット売りをして他の転売者との差別化をすることが重要となるでしょう。

化粧品は、都度購入するよりもセットで購入したいという方も多いです。
そのような需要に対するアプローチで単価の安い化粧品の転売を行うのも方法の1つです。

■情報商材には気を付けよう

化粧品の転売を考えている方の中には、
情報商材を参考にしてスタートしようとしている方も多いです。

しかし、情報商材の中には素人が書いているものや誇張が含まれていることもあります。

さらに、その情報商材そのものが、
高額商材やセミナーへの誘引目的になっていることも少なくありません。

再現性のない悪質な手法で紹介するセミナーもあるため、
正しい情報を入手する必要があります。

こうした情報商材を見極める方法としては、
以下の項目に当てはまっているかどうかを確認すると良いでしょう。

・悪質で低品質なコンテンツではないか

誤字脱字が多かったり、転売素人と思われる記事内容の場合、
悪質で低品質なコンテンツと考えて良いでしょう。

また、内容が薄かったり、記事そのものが短い場合も、低品質さが感じられます。

・転売についてしっかり理解しているか

情報商材の中には、明らかに化粧品の転売知識を十分に持っていないものがあります。

間違った情報・矛盾した内容・言葉遣いなどで違和感がある場合は、
オリジナルの記事ではありません。

・宣伝は多くないか

化粧品の転売における情報ではなく、
セミナーや情報商材などの自社サービス宣伝が目立つものや、
宣伝のためのコンテンツを多く掲載しているようなものは有益な情報が期待できません。

・最近の更新があるか

1年以上、週に1回程度の高頻度で更新が続いているかどうか確認しましょう。
最新の更新から半年以上空いている場合は、疑って良いでしょう。

・記事の数が少なくないか

中途半端な情報量や質になっている情報商材の特徴として、
コンテンツ数が少ないということが挙げられます。

情報を定期的に出そうという姿勢が感じられなかったり、
数ヶ月程度しか続いていなかったりする情報商材は、
良い情報が出ることも少ないでしょう。

情報商材に惑わされないよう、
情報に対する責任感が感じられるか、
信用できるものなのかどうかをしっかりと見極めることが大切です。

転売のやり方|たとえばメルカリで売るとしたら

最近では、ネットオークションだけでなくフリマアプリを利用している方が増えています。
フリマアプリの中でもメルカリは誰でも簡単に登録して出品することができ、
利用者数も非常に多いです。

化粧品を転売する場合、メルカリでの販売を検討するのも良いでしょう。

ここからは、メルカリで転売する場合の知識や稼ぐポイントなどをご紹介します。

■メルカリでの販売知識

メルカリは慣れれば数分で出品完了できる出品方法が簡単なアプリの1つです。
効率良く販売できるとあって、
お小遣い稼ぎで利用している方も多いでしょう。

正しい転売の知識を身に付ければ、毎月1万円以上を安定して稼ぐことも可能です。
メルカリで転売するときには、

・どのような化粧品が売れるのか
・どれくらいの価格で売れるのか
・仕入れ方法はどうするのか

などによって上手な方法が変わってきます。

メルカリは、他のオークションサイトと比較しても
購買意欲が高い利用者が多いと言われています。

また、出品の初心者も多いことから、
相場を無視した価格帯で出品されることもあり、
格安で転売品を仕入れることも簡単です。

■転売で効率良く稼ぐには

化粧品をメルカリで転売して効率よく稼ぐには、
どのような点を抑えておけば良いのでしょうか?

・何が売れるのか

どんな化粧品が売れるのか把握するには、
まずメルカリで転売している出品者を探すことから始めましょう。

1人で大量に出品している方や、
同じものを大量に出品している方は、
転売している可能性が高いです。

転売の競合を発見したときには、
他の商品を見て仕入れをしているショップを探し当てるのも方法の1つです。

・トレンドを理解する

化粧品は特に、その都度季節物やトレンドがあります。

色々な種類のものを安く仕入れて出品するのではなく、
流行りや季節物、トレンドになると予想される商品をリサーチしておくことも大切です。

・相場を把握する

どんなに魅力的な商品で商品説明がしっかり書けていても、
相場が把握できていなければ売れにくくなってしまいます。

類似品や同じ商品を検索して、いくらで出品され、
いくらで売れているのかを把握することが大切なのです。

■メルカリでの出品方法

では、実際にメルカリで出品する方法を見ていきましょう。

メルカリのアプリをインストールし、会員登録が完了したら、
すぐに出品することが可能です。

しかし、自己紹介や設定をしっかりと行ってから出品することで、
出品者がどのような方なのか事前に理解することができるため、売れやすくなります。

会員登録したら、まずは自己紹介欄で自己紹介・出品する商品の傾向
・発送方法・約束事などを入力しましょう。

・商品の撮影

転売したい化粧品をスマホで撮影します。
メルカリの出品ボタンをタップしてから撮影することもできます。

写真は最大4枚まで載せることができ、
多ければ多いほどより商品の状態を分かりやすく伝えることができます。
写真の加工も可能です。

・商品説明の入力

商品名や商品説明を入力します。
商品名は、商品検索されやすいよう正式な商品名を入力するのがポイントです。
商品の使い方・大きさ・同梱品・梱包された様子など、
購入者にとって有益な情報となる内容をできるだけ多く入力するようにしましょう。

・商品情報入力

商品のカテゴリー・ブランド・状態などを出品画面に従い選択します。
入力した情報は保存しておくこともでき、後から修正することも可能です。

配送料は、購入者負担の着払いと出品者負担の送料込みとが選択できますが、
売れやすさを重視するなら送料込みがオススメです。

・価格設定

化粧品の定価や相場を把握した上で、商品の価格を決ましょう。
販売手数料が価格の10%かかるため、送料や手数料を考慮して設定します。

最後に注意事項を読み、出品するボタンをタップして出品完了です。
進めていけばわずか数分で簡単に出品することができます。

調査結果をまとめると

ここまで、化粧品の転売の魅力や仕入れ方法、転売の注意点や販売方法などを詳しく見てきました。
紹介したメルカリをはじめとするフリマアプリでの販売は簡単に出品できる方法と言えます。

しかしその分、競合も多く規制や注意点も踏まえて販売しなければなりません。

メルカリで出品した化粧品が売れると、アプリに通知やメールが届きます。
出品してから数日経っても売れないという場合には、
価格や紹介文などをもう1度見直して再出品することで、
より多くの方の目に止まりやすくなるでしょう。

再出品の際にも、相場を確認することが大切です。

化粧品が売れたら、購入者に対して感謝の気持ちや商品発送方法や予定日などを伝えましょう。
メッセージを送信したら、期日を守り、丁寧な梱包と発送手続きを行います。

特に化粧品は小さいものが多いため、
レターパックやクリックポストなどを選択すれば送料を抑えることができるでしょう。

郵便事故等の影響が気になる場合は、追跡や補償がある発送方法を選ぶのがオススメです。

商品を購入者が無事に受け取ると、メッセージや受け取り通知が届きます。
お互いに評価をして取引は完了です。

オークションやフリマアプリなど、転売は相手の顔が見えない取引になります。
ルールやマナーをしっかり守って取り組むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です