「オバジ C 10セラム」の美白効果と成分の効能

今回は、ロート製薬から発売されているブランド・オバジCセラムシリーズの
「オバジ C 10セラム」についてご紹介していきます。

オバジ C 10セラムはロート製薬が独自技術によって開発した美容液です。
2001年から発売が開始されて以来、多くの方に愛用され、進化を続けてきました。
そんなオバジCセラムシリーズの中でも、美白効果が高いと話題になっているものがあります。

それが、「オバジ C 10セラム」です。

では、オバジ C 10セラムは美白効果を含め、どんな肌トラブルの改善に役立つのでしょうか?

今回は一つひとつの成分から効果に至るまで、
深掘りしてオバジ C 10セラムをご紹介していきましょう。

今、オバジ C 10セラムを買おうか悩んでいる、
気になっているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

「オバジ C 10セラム」とは?

オバジ C 10セラムとはどういった製品なのでしょう?
まずは概要やブランドについてご紹介していきます。

■オバジ C 10セラムとは?

オバジ C 10セラムは、高濃度ビタミンCとビタミンE、2つの美肌成分を取り入れた美容液です。
肌を整えながら乾燥しがちな角質層を潤し、様々な肌トラブルへアプローチしてくれます。

オバジ C 10セラムには12mlのレギュラーサイズと、26mlのラージサイズがあります。
肌との相性も考えたいという方は、まず12mlの方から試してみると良いでしょう。

また、スポイトで数滴取り出すタイプとなっています。
高濃度の成分が配合されているため、数滴使用するだけでしっかりと効果が表れるようです。

オバジ C 10セラムだけではなく、オバジCセラムシリーズ全体に言えることですが、
オバジCセラムシリーズのパッケージは全て茶色の瓶になっています。

一見医薬品のようにも見え、あまり化粧品のような見た目ではないのですが、
実はこのパッケージにも秘密が隠されています。

実は、オバジ C 10セラムに配合されているピュアビタミンCという成分は
通常のビタミンCに比べるとかなり繊細な成分で、光や湿気に弱いという性質を持っています。

そのため、オバジCセラムシリーズは光が入り込みにくい茶色の瓶を使っているのです。

また、ガラス瓶なので湿気に悩まされることもありません。
パッケージでビタミンCの安定性を守ってくれているのです。

オバジ C 10セラムの使い方は、朝と夜、化粧水を使用してから
3~4滴手のひらにオバジ C 10セラムを落とし、顔全体に馴染ませていきます。

これだけでは蒸発してしまう可能性が高いため、オバジ C 10セラムを使ったら、
乳液やクリームを使って肌をラッピングしてしまいましょう。

もし、オバジ C 10セラムを使って肌がピリピリするような感覚があるという場合は、
化粧水などで薄めてから使ってみるのもおすすめです。

気になる部分を集中的にケアしたいという方は、コットンでパックしておきます。
15分程度肌に乗せて有効成分を浸透させましょう。
ただ、長時間置いてしまうとコットンが乾燥してしまうので注意してください。

ちなみに、オバジ C 10セラムの「10」という数字は、ビタミンCの濃度を表しています。
C5が最も低く、C20が最も高い濃度を示しています。
C10は濃度的にもバランスが良く、様々な肌質にも効果が出やすい作りになっています。

■オバジブランドについて

オバジ C 10セラムはロート製薬のオバジブランドに分類されます。

オバジブランドというのは、美の本質を目指し、
皮膚科学に基づいた成分を使用して肌の内側から綺麗になることを目的としています。

近年、オバジブランドのように肌の内側から綺麗を目指すというコンセプトの
スキンケア用品が増えてきています。

そんなオバジブランドが誕生したのは、アメリカ・ロサンゼルスで活動している
スキンケア研究者・オバジ氏が生み出した「SHR理論」がきっかけでした。
SHR理論とは、肌が元々持っている力を発揮し、健康的な肌を目指すというものです。

そのため、肌の表面だけをケアしても肌内部が衰えていれば
あまり効果が見られないと考えられています。

つまり、美しい肌を保つためには、
肌内部の衰えを改善していけば良いというものになっています。

オバジ氏のSHR理論に感銘を受け、それを実現させるために、
ロート製薬では100年以上の製薬事業の中で培われた研究・技術を用い、
開発につなげていったのです。

■オバジCセラムシリーズの誕生

オバジCセラムシリーズが誕生したのは、2001年のことです。

今でこそ肌内部のケアが必要というのは一般的になってきましたが、
当時はまだまだそういった情報は少なく、表面の角質層だけを保湿・保護していただけでした。

そんな中でオバジCセラムシリーズが誕生し、
高濃度ビタミンCを配合させたことで肌の内側から綺麗を目指せるようになったのです。

この頃はまだC5とC10のみの発売でしたが、
それから3年後の2004年にはピュアビタミンCを配合したオバジC20も発売されるようになりました。

ピュアビタミンCとは、
オバジCセラムシリーズ共通で用いられている安定化技術によって誕生した成分のことです。

ビタミンCを高濃度にすると状態が不安定になってしまいやすいのですが、
ピュアビタミンCにすると安定化されてより多くのビタミンC配合ができます。

2008年になるとロート製薬が独自研究で開発した「高浸透技術」によって
肌の奥までしっかりと浸透される技術を取り入れました。

また、2011年にはビタミンCだけでなく同じく抗酸化作用を持っている
ビタミンE(トコフェロール)を配合することで、
素肌の透明感アップに向けたアプローチを強化させています。

さらに2014年にはビタミンC+ビタミンEの同時配合によって
新たなオバジCセラムシリーズが誕生したのです。

2001年に発売後もどんどん進化し続けてきたオバジCセラムシリーズは、
多くの女性に支持され、現在までに累計600万本の出荷実績を持っています。

「オバジ C 10セラム」の効果

オバジ C 10セラムについて色々とご紹介してきましたが、
やはり気になってくるのはその効果ではないでしょうか?

ここからはオバジ C 10セラムの効果についてご紹介していきます。
実際に利用してみた方の口コミもご紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

■オバジ C 10セラムの効果とは

オバジ C 10セラムの効果は、角質にうるおいをもたらし、
肌のキメやざらつき、毛穴といった様々な肌トラブルにアプローチしてくれます。

肌の老化が進行していくと、土台部分のコラーゲンやエラスチンといった成分が
減少してしまうため、どんどん肌のキメが広がり、毛穴も開きやすくなります。

また、肌のざらつきは細かいニキビや炎症によって起こりやすく、肌表面の環境も悪い状態です。

そんな肌トラブルを改善するためにオバジ C 10セラムを使うと、
すっぴんでいても恥ずかしくないような、美しい素肌を目指せるのです。

さらに、オバジ C 10セラムに配合されているビタミンCのおかげで、美白効果も期待できます。

シミを生み出すメラノサイトという細胞は、紫外線から皮膚を守るためにメラニンを放出させます。
このメラニンが肌の奥から新陳代謝によりどんどん表面化してくることで、
シミにつながってしまうのです。

メラノサイトからメラニンをできるだけ作らないようにするには、
紫外線対策が必要ですが、これではすでにできてしまったシミを改善することはできません。

ビタミンCにはコラーゲン生成を促して新陳代謝の正常化を図る働きを持っています。
新陳代謝が正常化されれば、シミができたとしても肌表面に留まることなく、消えやすくなります。
さらにメラニンによって色素沈着を起こしてしまった細胞を元に戻してくれる働きもしてくれるのです。

そのため、ビタミンCは美白効果が期待できるということになります。

■オバジ C 10セラムを実際に使ってみた方の口コミ

では、オバジ C 10セラムを実際に使ってみた方は、どんな効果を実感しているのでしょうか?

“今まで小鼻の毛穴ケアにいくらお金と労力を費やしたか分かりません。
私の鼻がパックなしで2週間もツルツルなんて奇跡に近い!!
もちろん化粧ノリも化粧もちもバッチリです。
朝、晩と必ず2回使う事でビタミンCが途切れる事なく肌の奥まで働きかけるとの事です。
今では鏡を見る回数もかなり増えました!!”

多くの女性は小鼻の毛穴開きに悩んでいるかと思います。
毛穴は一度開いてしまうと、なかなか閉じさせることができません。
しかし、オバジ C 10セラムを使うことで新陳代謝が正常化され、
毛穴開きが改善されたと考えられます。

“ストレスから来る慢性的な肌のザラザラ感。いつもどこかしら荒れています。
特にオデコのちっちゃいニキビ達は無くなったことがありませんでした。
オバジを使い始めて1カ月ほど経った頃、いつものザラザラを感じなくなった事に気付き
それ以降はニキビがほとんど出てこないではありませんか!
今まではよく寝ても栄養摂っても肌は応えてくれなかったのに
わたしの肌に足りなかったのはビタミンCだったのね(´ω`)
肌は皮膚科と思っていましたが、
時には化粧品に頼ることも必要だと気付かせてくれた一品です”

過度なストレスがかかったり、月経前になったりすると肌が不安定な状態となり、
細かいニキビができることで肌のざらつきが気になる方は多いでしょう。

ビタミンCには肌を整える作用もあるため、安定した美肌へと導いてくれます。
肌が時期ごとに不安定になりやすいという方には特におすすめと言えるでしょう。

実際に使ってみた方の口コミを見てみると、
毛穴やざらつきには特に効果があったというものが多く見られました。

美白はもちろん、毛穴・ざらつきが気になる方はオバジ C 10セラムを試してみると良いでしょう。

「オバジ C 10セラム」の成分

ここまでは、オバジ C 10セラムとはどのようなものか、
どのような効果があるのかをご紹介しました。

最後に、オバジ C 10セラムに含まれている成分についてご紹介しましょう。

■オバジ C 10セラムにはどのような成分が含まれているのか

オバジ C 10セラムには、
エトキシジグリコール、アスコルビン酸(ピュアビタミンC)、アーチチョーク葉エキス、
DPG、PG、BG、トコフェロール(δ-トコフェロール)、ラミナリアオクロロイカエキス、
アッケシソウエキス、ツボクサエキス、グレープフルーツ果実エキス、ベタインという成分が
含まれています。

これらの成分はどれも、美容のサポートに効果的な成分です。

純粋なビタミンCを肌に浸透させることに特化した成分が配合されているので、
まさに美容の強力なサポーターだと言えるでしょう。

■あまり聞き慣れない「エトキシジグリコール」とは?

エトキシジグリコールという成分はあまり聞き慣れないので、
どのような効果があるのか分からないという方は多いかと思います。

エトキシジグリコールは、エーテルアルコールという成分と同じ種類のもので、
美容液などに多く使用されています。
エトキシジグリコールを配合することによって、
肌馴染みを良くし、成分が浸透しやすくしてくれるのです。

つまり、美肌へと導くために必要な成分ということになるでしょう。

聞きなれない成分なので、肌への負担などを気にする人はいるかもしれませんが、
様々な商品に使われていることから、大きなリスクはないと言えます。

■美肌成分として知られているビタミンC

オバジ C 10セラムには、美肌成分として知られているビタミンCも含まれています。
ビタミンCは、肌を滑らかにし、真皮層のコラーゲン生成をサポートするという働きもあります。

そんなビタミンCを高い濃度で配合してるオバジ C 10セラムは、2つの意味があるのです。

1つ目は、肌にビタミンCをしっかりと届けるということです。
ビタミンCは水溶性ビタミンなので、通常であれば肌に浸透する前に不活性化してしまいます。

これには、ビタミンC自体に様々な働きがあるので、
肌に浸透する前に消費されてしまうという理由もあります。
そこでオバジ C 10セラムでは、高い濃度のビタミンCを配合しているのです。
高い濃度のビタミンCが配合されていれば、
その分肌の奥までしっかりと浸透すると考えられているからです。

2つ目は、ビタミンCの安定化です。
美容液は、液体なので時間が経つとビタミンCの活性は失われてしまいます。

オバジ C 10セラムでは、ビタミンCの効果が持続しやすくなるビタミンEも一緒に配合していますが、
ビタミンC自体の濃度が濃ければ活性が失われるまでの時間も長くなると考えられます。

そのためオバジ C 10セラムは、高濃度のビタミンCを配合しているのではないでしょうか。
またビタミンCは、ガラス瓶を採用しているので、外部から酸素が入り込むことを遮断しています。

先程紫外線の影響について書きましたが、
実は酸素に触れることでビタミンCも酸化が進んでしまうので、
ガラス瓶を採用することでそれを防ぐ効果も期待できます。

さらにビタミンCは、酸化と還元を繰り返すことで補完しあう効果があると言われています。
オバジ C 10セラムは、その効果も期待しているのではないでしょうか。

■注目されているアーチチョーク葉エキスとツボクサエキス

アーチチョーク葉エキスとツボクサエキスも、エトキシジグリコールと同じように
あまり聞きなれない成分ではないでしょうか。

アーチチョーク葉エキスは、NF-κBという因子に関与すると言われている成分で、
老化防止などに影響を与えていると言われています。
現在、生物学の中では話題の成分になっているのです。
そのため、オバジ C 10セラムのような化粧品関係の業界でも注目され始めています。

ツボクサエキスは、医薬品に使用されている成分にとても近いと言われています。
細胞を活性化させたり、肌の調子を回復させたりする効果が期待できます。
美肌効果が非常に高いということで、世界の化粧品メーカーが注目している化粧品成分なのです。
特にアンチエイジングを目指す化粧品には欠かせない成分だと言えるのではないでしょうか。

アーチチョーク葉エキスとツボクサエキスは、あまり大きく取り上げられることがない成分です。
しかし、高級なスキンケア商品ではこの2つの成分を配合しているというケースは増えています。

そのため、オバジ C 10セラムの価格帯で購入できるアンチエイジング美容液に
配合されているということを考えると、コストパフォーマンスも良いと言えるでしょう。

■美肌効果が高いラミナリアオクロロイカエキスとアッケシソウエキス

ラミナリアオクロロイカエキスとアッケシソウエキスは、海藻類に含まれているエキスです。
海藻類に含まれているエキスには、高い美肌効果が期待できるということは知られています。
ラミナリアオクロロイカエキスとアッケシソウエキスも例外ではありません。

特に、アッケシソウエキスはオバジ C 10セラムを販売しているロート製薬一押しの成分です。
ロート製薬の研究によると、アッケシソウエキスはコラーゲンの生成サイクルに作用することが
判明しました。

オバジ C 10セラムには高い濃度のビタミンCが配合されていて、
ビタミンCによるコラーゲン生成効果も期待できますが、
その効果をアッケシソウエキスで高められるということになるでしょう。

■グレープフルーツ果実エキスで肌のバリア機能を改善

グレープフルーツ果実エキスには、ヘスペリジンが含まれています。
ヘスペリジンは、肌のバリア機能を高めてくれる効果が期待できます。
肌のバリア機能は健康的な肌を作り出すためには必要な要素です。
そのため、美肌を手に入れるためにはグレープフルーツ果実エキスも必要な成分だと
言えるでしょう。

オバジ C 10セラムには、このように美肌に効果的な成分がたくさん含まれています。
そのため、先程ご紹介したような様々な効果が期待できるのでしょう。

まとめ

今回は、「オバジ C 10セラム」とはどのようなものか、
どのような効果があるのか、どのような成分が含まれているのかご紹介してきました。

シミや毛穴、ニキビ跡といった肌の悩みを改善するのに効果的な高濃度のビタミンCが
配合されています。

ちょっと肌の調子が悪いと感じた時や、アウトドアで肌がダメージを受けてしまった時に
ケアにも最適な化粧品です。

そんなオバジ C 10セラムには、
成分を浸透しやすくするエトキシジグリコールや美肌効果が高いビタミンC、
近年注目を浴び始めているアーチチョーク葉エキスとツボクサエキス、
ビタミンCと同じように美肌効果が期待できるラミナリアオクロロイカエキスとアッケシソウエキス、
そして肌のバリア機能を改善してくれるグレープフルーツ果実エキスが含まれています。

オバジ C 10セラムに配合されている成分を見てみると、
肌のケアに最適な成分が豊富に含まれていることが分かります。
その中でも、アンチエイジングに効果的な成分も含まれていることから、
年齢を感じやすくなってきた人にもおすすめの化粧品だと言えるでしょう。

今回紹介した「オバジ C 10セラム」の効果や成分を確認してみると
「オバジ C 10セラム」は、美白効果が期待できる化粧品だと言えます。

そのため、アンチエイジングや美肌効果を得たい場合には
ぜひ使用していただきたい化粧品の1つです。
もちろん効果には個人差があるので、いくつかの同じような化粧品を試して、
自分に化粧品を見つけるのも良いでしょう。

美容液の候補として、「オバジ C 10セラム」も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です